「ジェルネイルを自分でやるのは難しい」とお悩みの方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

ジェルネイルを個人でやるためには必要なものをそろえたり、技術面で不安を感じてしまいますよね!

しかしジェルネイルは必要なアイテムさえ揃えてしまえば、誰でも簡単にできるのです。

必要なアイテムの中でも、クリアジェルはジェルネイルをきれいなままキープするためにとても重要なもの。

しかし、クリアジェルと一口に言っても、ベースやトップ、長さ出し用などさまざまな種類があり、用途に応じて適切なものを用意する必要があります。

今回はクリアジェルの種類や使い方、注意点などについて解説します。

 

クリアジェルとは

クリアジェルとは透明のネイルジェルのことで、ベースジェルやトップジェルのほか、ラメやカラージェルを混ぜるために使用するジェルなど、さまざまなタイプのものがあります。

ここでは主なクリアジェルの種類についてご紹介します。

ベースジェル

ベースジェルは自爪にカラージェルを上手く乗せるための接着剤のような役割を持つジェルで、爪の形を整えたり甘皮の処理が終わったら最初に爪に塗るものです。

ベースジェルをきちんと塗ることでカラージェルの持ちを良くさせたり、カラージェルによる自爪の色素沈着を防いだりする効果があります。

ジェルネイルを少しでも長く楽しみたい方は、ベースジェルもきちんと塗りましょう。

トップジェル

トップジェルはカラージェルが持つ色素を保護したり、ジェルネイルの強度を上げたりする役割を持つジェルで、最後の仕上げとしてカラージェルの上から塗るものです。

トップジェルを塗らなかった場合、カラージェルの表面に汚れがつきやすくなったり、カラージェルの表面が割れやすくなってしまうため、ジェルネイルの仕上げとしてとても大切な役割を持っています。

ミキシングジェル

ミキシングジェルはカラージェルにラメを混ぜたり、カラージェルの色味を薄めたりする役割を持つジェルです。

ミキシングジェルはカラージェルと同じ粘度のため、カラージェルを混ぜても硬くなることはありません。

また、カラージェルにラメを追加したいときにミキシングジェルを使うことで均一にラメが混ざるためきれいに塗ることができます。

長さ出し用ジェル

長さ出し用のジェルは「自爪が短いけど、もう少し長さがほしい」というときに使用するジェルです。

長さ出し用のジェルを使う際は、長さを出したい指にフォームと呼ばれるジェルで長さを出す際の土台となるものをはめ、その上からジェルを塗ってライトで硬化させることを繰り返して爪の長さを伸ばしていきます。

人工爪であるスカルプを使わないため、時間がかかりますが好みの爪の形にしやすいといった特徴があります。

クリアジェルを塗る際に必要なもの

クリアジェルを塗る際に必要なもの

クリアジェルはジェルネイルの土台や仕上げなど大切な役割を担っているため、必要な道具を揃えて塗るようにしましょう。

ここではクリアジェルを塗る際に必要なものについてご紹介します。

クリアジェルの種類によってはポリッシュネイルのように本体に筆がついているものもありますが、柄が長いジェルネイル用の筆を用意しておくと良いでしょう。

ジェルネイルの筆でよく使われるのが、毛先が丸くなっている「オーバル」、毛先が四角く切られている「平筆」の2本。

オーバルはどのような用途であっても対応でき、平筆は甘皮付近などのキューティクルラインを塗る際に便利です。

ライト(UVもしくはLED)

ライトはクリアジェルやカラージェルを硬化させるために欠かせない道具です。

市販のライトには「UVライト」「LEDライト」の2種類がありますが、より早く硬化できるLEDライトがおすすめです。

しかし一部のジェルはUVライト専用としていることもあるため、ジェルを購入する際は硬化方法に指定はないか、必ず確認しましょう。

ファイル

ファイルとは爪やすりのことで、爪の形を整えたり、爪の表面を磨いたりする際などに使います。

ファイルの目の細かさは「グリッド」と呼ばれる単位で表し、数字が大きくなるほど目が細かくなり、100グリッドはジェルネイルのオフに、180~200グリッドは爪の形を整えたり自爪の表面を削る際におすすめです。

エタノール

エタノールは自爪に付着している水分や油分を取り除くために使います。

また、トップジェルが硬化したあとにエタノールで爪を拭くことで、硬化しきらなかったジェルを取り除くことができるためおすすめです。

プッシャー

プッシャーとは、爪の甘皮を処理するための道具です。

甘皮を処理することで見た目がきれいになるだけでなく、爪の成長を促したり、爪の凸凹をなくしたりする効果があります。

キューティクルニッパー

キューティクルニッパーとは、甘皮の周囲にあるささくれを優しく除去するための道具です。

ささくれを放置すると見た目が悪いだけでなく、ささくれが裂けた箇所から雑菌が入る可能性があるためクリアジェルを塗る前にかならず処理しましょう。

クリアジェルを使用する際の注意点

クリアジェルを使用する際の注意点

さまざまな用途があり便利なクリアジェルですが、使用する際にはいくつか注意点があります。ここではクリアジェルを使用する際の注意点についてご紹介します。

クリアジェルの使用後は甘皮のケアを忘れない

クリアジェルやカラージェルには化学薬品が含まれているため、そのまま放置していると爪が乾燥してしまう原因になってしまいます。

そのため、ジェルネイルの硬化が終わったら甘皮部分や周りの皮膚にネイルオイルを塗るようにしましょう。

ネイルオイルを塗ることで、水分や油分を保ち健康な爪が生えてくるのをサポートする効果があるのです。

同じメーカーのクリアジェルを使うようにする

先ほどご紹介した通り、クリアジェルはさまざまな種類のものがあり、メーカーによって配合されている成分が異なることがあります。

また、インターネット上には「トップジェルは〇〇が良い」「ベースジェルは△△がおすすめ」などいろいろな情報がありますが、異なるメーカーのジェルを合わせて使うとカラージェルが持つ本来の色味が薄まってしまったり、トップジェルの硬化が上手くいかなかったりする問題が発生することも。

このようなことを防ぐために、クリアジェルやカラージェルはできる限り同じメーカーのものを使うと良いでしょう。

ラメが混ざったクリアジェルは必ず使い切る

ジェルネイルではミキシングジェルを使うことでラメを混ぜたり、好みの色味を作ることができます。

ただし、ラメとミキシングジェルの配分をあらかじめ考えておかないと、ついつい作りすぎてしまうことも。

残ったジェルを容器に保管したとしても、ジェルにホコリやゴミが混ざってしまったり、ジェルが固まったりして使えなくなってしまうことがあります。

そのためミキシングジェルで作ったジェルは一度で使い切れるように、作る量を調整しましょう。

クリアジェルの用途を理解してジェルネイルを楽しもう!

今回はクリアジェルの種類や上手く塗るためのコツ、クリアジェルを使う際の注意点などについてご紹介しました。

クリアジェルはさまざまな種類のものがあるため、クリアジェルの用途を理解することでさらにジェルネイルを楽しむことができるでしょう。

今回ご紹介したクリアジェルの種類や上手く塗るためのコツを参考に、さらに完成度の高いジェルネイルを作っていきましょう!

気分で簡単に変えれる!簡単にはがせるジェルネイル

はがせるジェルネイル

簡単にはがせるジェルネイル「HOMEI ウィークリージェル」は簡単にきれいに塗ることができます。

ウィークリージェルは、ベースコート・カラー・トップコートが1本で完結する手軽なジェルネイルです。

オフやリムーバーが不要で、ペリッと簡単にはがせるのが特徴です♪

  • ウィークリージェルのやり方

①爪の油分を取り除き、ファイルで形や長さを整える

②ボトルを手のひらで転がし沈殿を防ぐ

③爪の先端、中央、側面の順でジェルを塗る

④ライトをあてて硬化させる

⑤薄く重ね塗り(2~3回)をして硬化させる

ウィークリージェルは、カラーラインナップも豊富で、気分やシーンに合わせて好みのカラーを選ぶことができるんです♪

はがせるジェルネイルHOMEIの公式通販サイトはこちら