ジェルネイルで失敗しない、カワイイ指先のプロになる】というコラム記事にて

ジェルネイルがリフトしてしまう、原因のひとつの「爪の油分」について解説させていただきました。

それに引き続き、今回はジェルネイルを長持ちさせるための第二弾として「ジェルの塗り方」を紹介!

あなた好みのネイルを、お気に入りのネイルを少しでも長く楽しむためにも、

ジェルの塗り方のコツをマスターしてくださいね。

 

「丁寧」に塗ることを何よりも意識してみて

 

セルフでジェルネイルをするときの、ジェルを塗るときに気をつけるポイントはひとつ。

とにかく「丁寧」に作業をすすめる、コレがとっても大切です。

「丁寧」に作業をすることがどうして大切なのかというと、ジェルが甘皮などについてしまうと、

ジェルネイルを始める前に爪の油分などをしっかりととっていても、

甘皮についた部分から「皮脂」や「水分」が侵入してきてしまうからです。

侵入してきた場合、あっという間にリフトしてきてしまうことや、

仮にリフトしなかったとしても、爪とジェルの間に雑菌が侵入してしまい衛生的にもよくありません。

ですので、ジェルを塗るときには甘皮につかないようにして、

爪からジェルがはみ出てしまったときには、クリーナーを染み込ませたコットンなどで丁寧に拭き取りましょう。

 

「エッジ」の部分も忘れずにジェルを塗る

 

甘皮部分にジェルネイルがはみ出てしまっていると、そこから爪先に向かってリフトしてしまう可能性があります。

また、甘皮付近からではなくても、爪先からもジェルがリフトしてくることもあります。

爪先が何かに引っ掛かったりしたときなど、とくによく使う「利き手」の爪先からリフトすることがしばしば。

そこで、ジェルは爪の表面だけに塗るのではなく、エッジ(爪先)の部分まで忘れずに塗りましょう。

エッジに塗るジェルの量が多すぎると、爪先の部分がぽってりとしてしまうことがあります。

ですので、ハケをボトルのフチでよくしごき、エッジをそっとなでるように塗ることをオススメします。

 

ジェルを塗るときには「薄く」塗り重ねて

 

ジェルネイルをリフトしにくくするための大切なポイントとして、

「はみ出さないように塗る」「エッジ部分もしっかりと塗る」

ことをご紹介させていただきましたが、最後はジェルの塗る量についてご紹介します。

ハケにジェルをぽってりと取ったまま、塗っていませんか?

1度で厚塗りをしてしまうと、ジェルの中までLEDライトの光が当たりづらく、

中まで硬化されない場合があります。

そうなると、ジェルが取れやすくなってしまいます。

ボトルのフチでハケをしごいて、ジェルの量を少なめに調節してから、

爪に塗っていきましょう。

1度塗って硬化させたら、2度目も同様に塗っていきます。

色によってはお好みで3度塗り以上してもOKです。

お気に入りのネイルを長く楽しむために、「リフト」に悩んでいるならすぐに意識してみてください。

 

少しの意識でカワイイ指先が長持ちするハズ♡

ウィークリージェルはほかのセルフネイルとは違い、

サンディング(爪の表面を軽く削る)などの工程もありませんので、

爪の負担を最小限に抑えながら、ジェルネイルを楽しむことができます。

オフが簡単にできる分、通常のジェルネイルよりも持ちが短いです。

そこで、少しでもウィークリージェルの持ちを長くするために、

ポイントをしっかりと抑えて、セルフジェルネイルを今よりもっと楽しみましょう。